ログイン

理事長・研究員の寄稿

金融機関向け 海外テロリスト検索システム
アジアの最新情報 Asia Weekly

海外テロリスト検索システム 各サービスのご案内

JCIFは国際的な経済制裁措置に対応したソフトを提供しています。

国連決議に基づく経済制裁措置やFATF(金融作業部会)の勧告等に対応するため、JCIFは日本の金融機関等の特定事業者のために2種類のテロ資金供与防止ソフトウェアを提供しています。 一つはリアルタイムで行う「テロリスト検索システム」、もう一つはバッチ処理で行う「顧客データ照合プログラム」です。 金融機関等は顧客の新規口座開設時や海外送金受付時に「テロリスト検索システム」で日本の財務省が発表した制裁者リストと瞬時に顧客氏名の照合を行うことができます。 制裁者リストに変更があった際はもう一方の「顧客データ照合プログラム」で、銀行が管理している顧客口座に対して顧客氏名を一括して照合することができます。 不定期に財務省が指定する制裁者リストをJCIFが迅速かつ正確にデータベース化することで、多くの金融機関等の特定事業者の業務の効率化に役立っています。

@ 海外テロリスト検索システム(インターネット版・イントラネット版)

● 2006年1月から、金融機関等(銀行、信用金庫、証券会社、保険会社、資金移動業者、特定事業者)に向けて「海外テロリスト検索システムサービス」(インターネット版、イントラネット版)の提供を開始し、2015年3月現在、200を超える多くの金融機関等にご利用を頂いております。

● 現在稼働中の検索システムを広くご理解いただくために、お試し(トライアル)用のID、パスワードを用意しております。

【システムの特長】
★ 頻繁に更新される膨大な海外資産凍結対象者(タリバーンなど)の氏名等の情報を、店頭での取引受付時に簡単かつ速やかに検索することができます。

★ 金融機関のテロリスト情報管理の業務が省力化されます。

★ 金融機関等のコンプライアンス態勢のツールの一つになります。


A 顧客データ照合プログラム

● 2007年7月1日から、外国為替検査マニュアル「資産凍結等経済制裁に関する外為法令の遵守状況に係るチェックリスト」において、預金口座に関するチェック項目が大幅に改訂されました。当センターではこのチェックリストに沿った本プログラムを開発して2008年11月にリリースし、2015年3月現在、すでに80を超える金融機関等にご利用をいただいております。

【システムの特長】
★ 複数の氏名(顧客リスト)と海外テロリストの氏名等の情報を金融機関のローカル環境で照合することができます。

★ 金融機関が保有している既存顧客口座リストなどに対し、テロリストの全件または情報改訂時の差分などを選択して照合します。

★ 照合結果は完全・語句一致のほか、あいまい候補も抽出され、画面での結果閲覧、CSVファイルでの結果保存が可能です。

★ 当センターが顧客リストをお預かりすることはなく、情報漏えいの心配がありません。


=利用料金・必要な機器のスペックなど詳細については下記までお問い合わせください=


資料送付・申込書 をダウンロードして必要事項をご記入のうえ、FAX又はメールにてお送りください。

お問い合わせ先:
総務部システムサービス課  井上 / 曽我 / 武田 
TEL:03-4330-1108、1017、1023 FAX:03-3666-1191
Eメール: jcifmail2@jcif.or.jp