ログイン

理事長・研究員の寄稿

金融機関向け 海外テロリスト検索システム
アジアの最新情報 Asia Weekly

レポートタイトル

2017-05-15

英国:トピックス(ブラッセル事務所作成)

金融政策委員会の結果と英国経済の現状(2017年5月)〜従来の金融政策を継続も、EU離脱交渉を控えた英国経済に不透明感〜



要約

2017年5月10日の金融政策委員会(MPC)は、政策金利0.25%の据え置きなど、従来の金融緩和パッケージの継続を賛成多数で決定した。英国のEU離脱決定以降のポンド安により、17年3月のインフレ率(2.3%)はMPCのインフレ目標(2%)をオーバーシュートした。賃金上昇が停滞するなか、インフレ高進による実質所得圧迫から英国経済の8割を占める個人消費が減速しており、BOEは17年通年の英国経済の成長見通しを前年比+1.9%に下方修正した。MPCは17年第4四半期のインフレ率が2.8%に達すると見込んでおり、3年間の予測期間を通じてインフレ目標を超過し続けると予想している。MPCはEU離脱を控えた英国の景気動向へ配慮を示す一方、インフレ目標の超過を許容するには限度があることを確認しており、経済の下支えとインフレ目標の維持のバランスを模索して、慎重な舵取りを続けている。

<続きを読む>