ログイン

理事長・研究員の寄稿

金融機関向け 海外テロリスト検索システム
アジアの最新情報 Asia Weekly

レポートタイトル

2017-06-08

フランス:トピックス(ブラッセル事務所作成)

最初の試練に立ち向かう仏マクロン政権〜共和国前進は国民議会の過半数獲得を視野に入れつつあるが支持基盤の弱さが懸念〜



要約

マクロン仏大統領は共和党のフィリップ氏を首相に任命し、5月17日にイデオロギー・性別・経歴の面でバランスのとれた政権を発足させた。6月11日及び18日に実施される国民議会選挙を見据えた布陣とされている。マクロン大統領率いる新政党「共和国前進」は現有議席が無いため、国民議会の最大勢力となったとしても、コアビタシオン(大統領と首相の所属政党の異なる状況)を回避できるかが注目点であった。直近の世論調査では共和国前進が単独過半数に届く可能性も示唆されている。しかし、マクロン政権への支持は期待先行の面が強く、支持基盤は盤石とは言い難い。マクロン政権は国内労働市場とEUの改革という難題に取り組む方針であるものの、目に見える実績を積み上げられなければ、早々に国民の支持を失ってしまう可能性もある。

<続きを読む>