2018年10月8日、IMF(国際通貨基金)は「世界経済見通し(World Economic Outlook, October 2018)」 を公表した。世界経済全体の実質成長率をみると、17年の+3.7%のあと、今回の見通しでは18年と19年は、ともに+3.7%と予測している。半年前の18年4月の見通しと比較すると、両年とも0.2%ポイントの下方修正となっている。今回の見通しでは、9月24日に米国が導入した2,000憶ドル相当の中国からの輸入品に対する追加関税を含む貿易措置(以下、貿易措置)を勘案した予測となっている。
会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
このレポートは購入することはできません。
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る