18-12-25
英国:トピックス(ブラッセル事務所作成)
英国のEU離脱(23)無秩序な離脱のリスクが高まる ~EU側は限られた金融サービスの救済措置を検討~
英国とEUのBrexit交渉は、18年11月に交渉官レベルでの離脱協定案等の合意に至るも、英国議会での承認が焦点になっている。メイ英首相は、離脱協定案等への英国内からの反発が強いため、当初予定された12月11日の議会での離脱協定案等の採決延期を決定した。19年3月の離脱期限が近づいているものの、合意がないままの無秩序な離脱の可能性は高まっている。こうしたなか、金融サービスに対して、欧州委員会は、中央清算機関(CCP)への例外的な取扱い等、極めて限られた対策のみを示すにとどまっており、業界の自助努力が求められる。
会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る