18-04-13
イラン:トピックス
為替統合(公定レートと市場レートの一本化)を発表
~急速なリアル安への緊急措置,統合の成否は核合意の行方とも関連

イラン政府は公定レートと市場レートを一本化し、公定レート以外での取引を規制することを発表した。複数のレートが併存する状況の下でリアル安が進行し、通貨リアルに対する信認が急速に低下したため、これに歯止めをかけるための措置と考えられる。公定レートは直近の37,830リアル/ドルから42,000リアル/ドルに切り下げられたが、直近の市場レート60,000リアル/ドルからはまだリアル高なことや、核合意の行方次第では波乱が生じる可能性もあるため、今回の措置で市場が安定するか注視する必要がある。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,200円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る