18-05-31
トルコ:トピックス
中銀が緊急利上げと金融政策の枠組み簡素化を打ち出す ~大統領選挙を控え、市場の混乱は収まるか

トルコ中央銀行は5月23日に臨時の金融政策委員会を開催し、事実上の上限金利である後期流動性窓口貸出金利を13.5%から16.5%へ引き上げた。これに続く28日には、金融政策の枠組み簡素化とともに一週間物レポ金利を後期流動性窓口貸出金利と同じ16.5%へ引き上げ、これを主要政策金利として復活させると発表した。市場ではトルコの金融政策運営に対する不信感が募るなか、リラ相場は今回の措置を好感し持ち直したが、大統領選挙を目前に控え引き続き注視を要する。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,200円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る