2018年を振り返り、米国の10大出来事を選び、さらにそれぞれの19年の注目点を述べた。取り上げた10大出来事は下記のとおりである。
 1.米中冷戦時代の到来
 2.中間選挙での共和党の敗退 ―焦点は20年大統領選挙に
 3.トランプ大統領のFRB批判とパウエル発言の波紋
 4.安全保障チームの一新とイラン核合意離脱・米朝首脳会談
 5.自由貿易協定(NAFTA)再交渉の決着(11月30日)
 6.#MeToo運動の国境・分野を超えた盛り上がり
 7.移民問題
 8.大手IT企業への内外の逆風
 9・最高裁判事の指名承認(10月7日)
 10.気候変動に対するトランプ政権のちぐはぐな対応
    -第4次全米気候評価報告書の公表(11月23日)
<番外編> 古いアメリカのエリート政治家の死

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る