18-11-28
EU:トピックス(ブラッセル事務所作成) 
欧州が推進する電子政府化の取り組みと展望
~モデル国家エストニアの実例と単一デジタル市場の実現を推進するEU~
エストニアはEUのなかで電子政府化のモデル国家となっている。eIDやX-roadに基づいたシームレスな情報共有基盤のもと、電子的に提供されているサービスの数が多いだけでなく、国民の活用度も高いことから、域外からも注目を集めている。一方、EUも「デジタル単一市場(DSM)戦略」のもと、域内の電子政府化を推進している。18年9月末には一部加盟国でeIDの相互利用が可能になるなど、今後はEU域内でシームレスな公的サービスの提供が進むことが期待される。EUがDSM戦略を通じて個人の権利を尊重した新たなデジタル社会の秩序を構築することができれば、域外から多様な人材を引き付けることでEUの革新性が高まることも期待されよう。
会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る