2017年以降続いているカタールと、サウジアラビアなどの近隣諸国の断交の背景には、ムスリム同胞団を巡る見解の隔たりがある。ムスリム同胞団は、1970年代以降は武装闘争を放棄するなど、他の過激なイスラム原理主義組織とは一線を画す存在であるが、弾圧を受けてきた歴史の中で、武装組織につながる分派を生んできた面もある。このため、君主制や権威主義政権の国では強く警戒されている。
会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,600円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る