今回のレポートの対象期間は18年7月1日~18年10月22日で、前回から追加した内容の中では以下のものに注目。(1)イスタンブールのサウジアラビア領事館でのジャーナリスト失踪事件でサウジ政府が殺害があったことを認める、(2)サウジアラビア政府に対して欧米などのメディアに厳しい論調が目立ち、10月23日日よりリヤドで開催される会議・未来投資イニシアティブに海外要人の出席取り止めが相次ぐ、(3)トルコ政府が発行するドル建て債券(年限5年、利回り7.5%)に対して3倍の応募があったとの報道。
会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る