GCC加盟国など石油セクターに大きく依存する国では「脱石油依存」が共通した経済政策の目標になっている。GDPに占める石油セクターの占める割合は低下しているが、その速度は緩慢であり、GCC諸国の一人当たりGDPは伸び悩んでいる。脱石油依存には、雇用創出力の大きい分野での外資製造業の誘致と、技術蓄積が必要だが、人的資本の評価と比べて割高な人件費と、高度人材の不足が壁になっている。教育は人的資本の重要な構成要素であるが、GCC諸国での課題は多い。
会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る