19-11-01
全世界:トピックス
米国で普及が進む災害時自家発電機

2019年9月9日、台風15号が関東地方に上陸し千葉県を中心にピーク時には93万戸で停電が発生 、また、18年9月6日に発生した北海道胆振東部地震でも295万戸の停電が発生 するなど、停電に対するリスク意識が高まっている。本稿では、米国で進む災害対策での自家発電機の導入やその背景、資金面について紹介する。また金融面として、従来の再保険やCATボンド など事後リスク分散型商品のリスクの上昇が見られることもあり、事前型防災対策のスキームについて考察を行った。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る