19-05-20
中国:トピックス
米中貿易摩擦は再度エスカレート ―米国の第3弾の追加関税に対し中国が対抗措置―

中国政府は19年5月13日、「米国産の一部輸入品に関する追加関税の実施公告」を公表し、6月1日より米国からの約600億ドル相当の輸入品に対する追加関税率を引き上げることとした。これは、米国政府が5月10日より中国からの約2,000億ドル相当の輸入品に対する追加関税率を引き上げたことに対抗するためのものである。
なお、米国は19年5月13日、第4弾の追加関税となる中国産の一部輸入品3,805品目、約3,000億ドル相当の部品に対し、最大25%の追加関税リストを公表した(発動時期は未定)。これで米国の輸入品の全てが追加関税の対象となる。これについて、中国外交部の報道官は、「中国は貿易戦争を避けようとしている。しかし、貿易戦争を怖がっていない。米国は、こうした中国の態度を正しく認識し、協議のテーブルに回帰し、相互尊重に基づいて、ウィンウィンをもたらす合意を締結すべきである」と指摘した。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 800円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る