19-02-22
香港:トピックス
粤港澳大湾区(ベイエリア)計画の綱要が発表
~イノベーションの推進など2035年までの方向性を示す~

 2月18日に中国国務院は、広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区(ベイエリア)」計画の綱要を発表した。全11章から成る要綱では、ベイエリアの戦略的位置付けや全体目標、各都市の役割、イノベーションなど各種政策の方向性などが示された。
 香港側では、本腰を入れるイノベーション関連の方針について歓迎する声もある一方、経済だけではなく生活面での一体化が進む中で、「一国二制度」の形骸化を懸念する見方もある。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る