5月以降イランと米国の間での緊張は更に高まっており、イランは核合意からの離脱も辞さない状況となっている。米国による制裁強化により、イラン国内ではリアル安とインフレが進みイラン経済を圧迫している。また、イランの原油輸出量は輸入国への制裁適用除外の終了によりさらに減少する見通しである。米国とイランの緊張が高まる中、現時点では金融市場は冷静な反応をしているが、イランと米国の対立は、中東地域のバランスにも大きな影響を与える可能性がある。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る