19-03-04
カザフスタン:トピックス
アスタナ国際金融センターの現状 ~未熟な市場制度が大きな壁~

カザフスタン政府は、中央アジア地域初の国際レベルの主要金融センターとして、海外からの投資を誘致し中央アジアの金融ハブとなることを目指し、18年7月にアスタナ国際金融センター(AIFC)を設立した。同年10月にはAIFCの中核として、アスタナ国際取引所(AIX)で取引が開始された。政府は国営企業の民営化・上場をAIX育成の起爆材と考え、18年11月に大手国営企業の新規株式公開(IPO)を実施した。しかし、市場制度が未熟であり、AIXにおける株式取引は低調である。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 800円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る