19-07-30
ルクセンブルク:トピックス
サステナブル・ファイナンス・ハブを目指すルクセンブルクの取り組み

2017年の一人当たりGDPが世界で唯一10万ドルを超える10.4万ドルとなった豊かな小国のルクセンブルクは、国際金融都市として確固とした位置を築いていることを梃子にして、サステナブル・ファイナンス分野での官民をあげた取り組みも強化している。世界で唯一グリーン等に特化したルクセンブルク・グリーン取引所の活用、LuxFLAGが付与する認証ラベルの活用、官民連携ファンドの活用、再生可能エネルギー・カバードボンドの活用に向けた法規制環境の整備などが挙げられる。
ルクセンブルクは、サステナブル・ファイナンス・ハブとしての機能向上が国際金融センターとしての地位を維持するために不可欠である、と捉えており、だからこそ官民をあげた様々な取り組みが進展している。ルクセンブルクの取り組みは、国際金融センターとしてのプレゼンスを向上させようとしている東京、ひいては我が国にとっても、大いに参考とすべき取り組みではないだろうか。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る