19-04-05
台湾:トピックス
台湾における外国人労働者の現状 ~ 台湾社会での共存が課題 ~

台湾では90年代初頭から外国人労働者の受け入れが本格化し、18年の受け入れ人数は70万人を超える水準に達している。外国人労働者は、特に製造業と社会福祉業において、台湾社会を支える重要な存在として活躍している。近年、外国人労働者による犯罪件数が増加するなど負の側面も確認されるが、製造業の台湾回帰や高齢化の影響も受け、外国人労働者に対するニーズは更に高まるものとみられる。外国人労働者の存在感が増すなか、台湾社会における共存がますます重要な課題となってくる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る