中国は世界で2番目の経済大国となった。また、中国は、軍事力の強化や軍事拠点の拡大、サイバー攻撃などの分野でも着々と影響力を拡大している。この経済力と軍事力を背景に、中国共産党と習近平国家主席は自由・民主主義とは相容れない独裁体制を強めている。
ペンス副大統領が10月4日に行った演説には2つの狙いがある。1つは、中国が戦略的利益の推進に向けて進めてきた行動を無視するという歴代米国政権の政策は終わったと宣言したことである。もう1つの狙いは、中国が日の目を浴びない所でしたたかに進める戦略にスポットライトを当て、米国企業や米国民を啓蒙することである。
 本稿では、ペンス副大統領の演説を項目別にまとめるとともに、同演説の後に起こったファーウェイ副会長兼最高財務責任者の逮捕によって焦点が当たった技術覇権と米国安全保障の危機感について紹介する。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る