19-03-29
米国:トピックス(ワシントン事務所作成)
グローバリゼーションの時代の終焉

ボーダーレス化が進展する「グローバリゼーション」の時代は終わりつつあり、国境を越えた投資や貿易などが縮小する新しい時代に突入したという指摘が多い 。実際、GDPに占める世界のモノの貿易額や海外直接投資フロー、そして銀行貸し出しは08年の金融危機以降、伸び悩んでいる。17年に「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプ政権が発足して以降は、米国が保護主義への転換を進め、特に昨年は関税政策や海外(特に中国)からの投資制限など広範にわたる措置が世界を翻弄した。
本稿では、まず、世界で進むグローバリゼーションの時代の停滞について概観し、次に過去に似たような動きがあったが、必ずしも同じではない(歴史は韻を踏む)ことを検証し、最後に仮に市場経済がブロック化した場合の影響について考察する。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る