19-10-29
米国:トピックス(ワシントン事務所作成)
斑模様の米国経済を映すFRB内の見解の相違

直近の19年第2四半期の実質GDP成長率(改定値)は前期比年率+2.0%となった。米国経済の動向を新規雇用者数で見てみると、産業別・地域別にバラツキがあり、斑模様となっている。また、9月のFOMCにおける利下げ決定については、FRB内でも見解が分かれており、投票権を持つ5人の地域連銀総裁のうち3人が反対票を投じた。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る