19-10-31
米国:トピックス(ワシントン事務所作成)
ソーシャルメディアによって変わる米国社会と政治

ソーシャルメディア は、現代の我々の生活の様々な場面に浸透している。その種類は、個人間・グループ間でのコミュニケーション機能を提供する総合的な用途から、動画や画像などの特定のコンテンツの共有や、物の売り手と買い手、運転手とタクシー利用希望者などの特定のニーズのマッチングといった限定的な用途まで幅広い。近年では企業による広告活動や採用活動の場としても利用されている。ソーシャルメディアの利用者数は年々増加しており、今や米国成人の約70%が1つ以上のソーシャルメディアを利用している。
ソーシャルメディアが我々の生活に新たな価値観と利便性をもたらした一方、一部の伝統的な活動に変化が生じている。本稿では、(1)スポーツ観戦、(2)労働運動、(3)政党活動の3つの活動について、ソーシャルメディアの普及によりどのような変化が生じているか米国での事例を紹介する。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る