19-03-22
ASEAN5:トピックス
東南アジアにおけるイスラム過激派勢力の動き ~イスラムテロの背景と各国の対応

インドネシア、タイ、フィリピンにおいては、建国の背景等からイスラム過激派組織によるテロ活動が散発的に発生しており、最近でも犠牲者が生じるテロ活動が起きている。各国政府は過激派組織の解体や武力組織との交渉による和平を進展させており、現状、大きな影響や社会不安の高まりはみられない。もっとも、19年中に大統領選挙や国政選挙を控える3か国において、イスラム過激派への対応を含めた治安の維持は重要課題となる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る