19-08-27
EU:トピックス(ブラッセル事務所作成)
欧州におけるキャッシュレス決済普及の現状と展望~PSD II本格施行を控え、英国・スウェーデンでAMLや金融排除が課題に~

19年7月、欧州銀行監督機構(EBA)は「フィンテックが支払いサービス提供者および電子マネーサービス提供者のビジネスモデルに及ぼす影響に関する報告書」を公表した。EBAは報告書の中で、様々な課題を指摘しつつ、欧州においてキャッシュレス決済は普及を続けていると述べている。もっとも、状況は国ごとに異なっていることから、英国とスウェーデンを例にこの現状と課題を考察する。PSD IIの本格施行によるAML対応の高度化や、一部消費者の金融排除への対応といった両国の課題は、日本が将来直面しうる課題の考証やEUの動向を占う上で示唆に富んでいる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る