19-06-05
EU:トピックス(ブラッセル事務所作成)
欧州議会選挙(4)国別・会派別の結果分析 ~勢力の細分化からEUが機能不全に陥るリスクに要注意~

5月23-26日に実施された欧州議会選挙において、左右の中道系二大会派が合計で過半数を割り込んだ一方、リベラル系、環境系、EU懐疑派勢力はそれぞれ伸長した。この結果を踏まえて、EUの枢要ポストの人選に関する議論が始まったものの、交渉は難航が予想される。議会勢力の細分化により、決められない政治がEUのリスクとして意識されつつある。本稿では、今回の選挙結果を国別・会派別に分析した上、今後5年間のEUの舵を取る首脳人事を展望する。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る