1948年のイスラエル建国以来、アラブ圏の多くの国はイスラエルと犬猿の仲にある。しかし、18年10月以降、一部の国とイスラエルが急接近している。アラブ産油国が脱石油依存を迫られる一方、スタートアップ大国としてイスラエル経済のプレゼンスが高まっている。親米、反イラン、反ムスリム同胞団といった政治的利害が一致するアラブとイスラエルの和解の可能性について考察してみた。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る