20-09-24
全世界:トピックス
「ゴールキーパー」に見るSDGsの進捗の遅れと、慈善財団のソーシャル・インパクトによる対応

2020年9月14日、世界最大の慈善財団であるビル&メリンダ・ゲイツ財団は年次の「ゴールキーパー」レポートを発表した。レポートは、コロナ禍により国連の2030年までの持続可能な開発のためのグローバル・ゴール(SDGs)達成に向けたマイルストーンから遅れていることを指摘している。この状況に政府と共同で迅速に対応するビル&メリンダ・ゲイツ財団や主要な慈善財団による社会インパクト活動を紹介する。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る