2020年10月13日、IMF(国際通貨基金)は「世界経済見通し(World Economic Outlook, October 2020)」 を公表した。IMFは、新型コロナのパンデミックによる4月の「グレート・ロックダウン」による深い落ち込みから世界経済は回復しつつあるとの見方を示した。21年に向けて徐々に回復の勢いは増すとみられるが、IMFでは「世界経済がパンデミック以前の水準に戻るまでの長い登り坂は、いくつもの障害をともなう険しいものになるだろう(A Long and Difficult Ascent)」としており、世界経済を巡る不確実性は高い状態が続く。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
このレポートは購入することはできません。
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る