20-03-24
アルゼンチン:トピックス 
発足から100日を迎えたフェルナンデス政権-想定外の国際環境急変で経済再建の見通しが立たず-

アルベルト・フェルナンデス大統領は20年3月19日で就任後100日目を迎えた。景気回復と貧困削減を優先した経済・社会政策を打ち出し、債務再編にも着手し、政権運営は概ね円滑に行われてきた。しかし、3月に入ってからは、新型コロナウイルス感染拡大への危機対応に追われている。財政・金融政策の余地は小さく、経済の下振れリスクが強まっている。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る