20-07-01
中国:トピックス
中国のデジタル人民元e-RMBの仕組みと狙い~日本への影響を展望する~

20年に入り、2月の北欧スウェーデンに続いて中国がCBDC(中央銀行発行のデジタル通貨e-RMBと呼ばれるデジタル人民元)のパイロットプログラムを開始した。これはIT巨人である米国GAFAの一つフェイスブックが発表した暗号通貨リブラに刺激されたと言われている。キャッシュレスで世界の先頭を走る北欧スウェーデンのe-kronaと共に中国4都市においてCBDCのパイロット実験が始まった。実験は、米国のスターバックス、マクドァーストフードチェーン店を含む19の小売業が参加して始まっている。中国が世界第二の経済大国であることからして、各方面に大きな影響をもたらし始めており、日本でもデジタル通貨協議会が立ち上げられた。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る