20-10-26
中国:トピックス
9月の各指標で見る中国経済 ~第3四半期のGDPは+4.9%、順調な回復を裏付ける~

第3四半期の実質GDP成長率は前年同期比+4.9%と、2四半期連続(第2四半期:同+3.2%)でプラスの成長となり、年初来(1~9月)の成長率でもプラスに転じた(同+0.7%)。国家統計局の報道官は「中国経済は着実に回復している」との見方を示した一方、「回復は依然としてまだら模様であり、回復基盤のさらなる強化が必要である」との認識も示した。9月の主要経済指標(消費:小売売上高、投資:固定資産投資、生産:鉱工業生産)をみると、着実な回復を辿り新型コロナの感染が拡大する直前の水準(12月、季節調整値)まで戻っている。ただ、消費は依然として力強さを欠いている。こうしたなか、中国政府は新型コロナ終息後の世界を見据え、外需依存から内需主導型経済への構造転換を進めようとしている。今後、雇用の安定や生活水準の引き上げなどにさらに注力し、内需基盤を強固にする方針を示している。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る