20-10-29
中国:トピックス
20年9月の住宅価格の状況 ―新型コロナの影響は限定的で価格は安定している―

国家統計局が公表した9月の主要70都市における販売用新築住宅価格指数(前年同月比)をみると、平均上昇率は+4.5%と、前月(+4.7%)を下回った。政府の抑制政策により住宅価格の上昇率は19年4月のピーク(+11.4%)以降、伸びは鈍化してきているが、20年なってからは緩やかに鈍化しつつも安定的に推移しており、新型コロナの住宅価格への影響は限定的とみられる。
一方、「住宅は住むためのもので、投機の対象ではない」との政府方針のもと、20年になってからも各地方政府は様々な不動産価格抑制策を実施している。この間、20年10月20日に中国人民銀行が公表した貸出基礎金利(LPR)(1年もの)は3.85%と、20年4月20日に引き下げてからこの水準を維持しており、商業銀行による一軒目の住宅ローンの金利(5.21%)も19年末以降変更されていない。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 800円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る