20-11-11
中国:トピックス
習政権発足後のデジタル経済発展と政策動向 ~35年の社会主義現代化の構築に向け飛躍的な発展を目指す~

中国のデジタル経済規模は急激に拡大し世界からの関心が集まっている。習近平政権は12年11月発足以降、国家の安全保障と持続可能な経済発展を実現するために、情報通信技術(ICT)の高度化に関する新たな計画の作成および法規定の整備を着実に実施してきた。中国のデジタル経済規模の19年までの過去7年間における年平均伸び率は+17.2%と名目GDP成長率を大きく上回り、名目GDPに占める比率は36%強に上昇するなど、経済成長のけん引役となっている。20年10月29日に閉幕した第19期党「5中全会」では、35年までに(1)イノベーション型国家の先頭グループ入り、(2)1人当たりの国内総生産(GDP)の「中等先進国」水準への引き上げなど「社会主義現代化の基本的な構築」という飛躍的な発展目標が提起された。このような国家戦略の下、習政権は「デジタル経済の発展」を一層強力に推進し、中国主導の「デジタル・シルクロード」広域経済圏を構築する意向である。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る