20-09-08
全世界、英国:トピックス
スマートマネー、CBDCがもたらす貨幣の新しい役割

2020年に入って新型コロナ感染症の下、世界中で様々なCBDC(中央銀行デジタル通貨)の実証実験や研究が盛り上がってきている。カンボジア、東カリブ諸国などの新興国に加えてスウェーデンや中国などにおいても実証実験が開始された。そうした中、CBDCのようなデジタル通貨は、貨幣に新しい役割をもたらす可能性が高いという議論が出ている。火をつけたのはイングランド銀行のスタッフ・ブログである。実務では豪州のコモンウエルス銀行が先行している。そこでスマートマネーとか、プログラマブルマネーと呼ばれる貨幣の新しい役割について述べる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る