20-02-05
インドネシア・マレーシア:トピックス
環境破壊で糾弾されるパーム油生産~EU禁輸の影響と持続可能な生産に向けた取り組み~

19年3月、欧州委員会はパーム油農園によるアブラヤシ畑の開墾が熱帯雨林破壊の一要因になっているとして、30年までにパーム油から生産されるバイオ燃料の使用を禁止する方針を固めた。インドネシア・マレーシアは、輸出額ベースで世界のパーム油の9割近くのシェアを占めている。本レポートでは、パーム油認証制度を踏まえつつ、インドネシア・マレーシア政府のEU禁輸措置への反応と持続可能なパーム油生産の実現に向けた取り組みについて説明する。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る