20-10-16
イラン:トピックス
離反が始まる親イラン国~イランによる植民地的支配や内政干渉に反発が強まる~

シリア、イラク、レバノンといった中東の親イラン国で、イラン離れが始まっている。これらの国々では内戦で疲弊した経済の立て直しに追われているが、イランの国力低下によりイランから支援を受けられなくなってきており、イランの影響力が低下している。一方で、米国と対立するイランとの関係が、国際社会から支援を受ける上で重荷になってきている。さらに、イランによる植民地的支配に対して、各国で反イラン感情が高まりを見せている点も見逃せない。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 800円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る