20-09-01
欧州、日本:トピックス
官民共同の中銀デジタル通貨、合成CBDCは普及するか

2019年6月のフェイスブックによるリブラ計画発表以来、中央銀行によるデジタル通貨、CBDC発行の様々な議論が世界中で繰り広げられている。CBDCの形態に関する議論はブロックチェーンを利用したトークン型や従来の預金に近い口座型などかまびすしい。その中でIMFなどが提唱しているのが官民共同発行される合成CBDC(Synthetic CBDC)である。本レポートは合成CBDCの出現背景、メリット、問題点、フィンテックを含む民間金融機関に与える大きなインパクトについて論じる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る