20-10-09
クウェート:トピックス
ナッワーフ首長が、ミシュアル氏を新皇太子に指名 ~新皇太子も80歳と高齢のため、後継者問題は残る~

 10月7日に、ナッワーフ首長はミシュアル国家警備隊副長官を新皇太子に指名し、翌8日に国会で満場一致で承認された。ミシュアル氏は首長一族、議会ともに信頼が厚く、内政は安定化すると考えられる。また、同氏はサウジアラビアをはじめとする近隣諸国と良好な関係を有しており、83歳と高齢のナッワーフ首長を外交面で補佐していくと期待される。一方で、ミシュアル氏も80歳と高齢であり、近い将来、首長・皇太子の選出方法を含めた後継者問題が再燃することは不可避であろう。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,200円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る