20-10-27
ミャンマー:トピックス
コロナ禍でも外国企業による投資が堅調 ~19年度のFDI認可額は前年度比+25.8%~

ミャンマーの19年度(19年10月~20年9月)の対内直接投資(FDI)の認可額は56億8,924万米ドルと、前年度比で+25.8%となった。19年度の政府目標(58億米ドル)には僅かに届かなかったものの、ほぼ達成された。
足もとコロナ禍で投資の先送りや様子見に転じる動きが外国企業の一部に出てくる可能性があるが、安価な賃金水準や豊富な若年労働力の存在もあり、ミャンマーへのFDI流入は今後も堅調に推移する見通しである。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,600円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る