20-08-21
マレーシア:トピックス
20年第2四半期の実質GDP成長率は前年同期比-17.1% ~活動制限令が大きく影響し最大の落込み~

20年第2四半期の実質GDP成長率は前年同期比-17.1%と、アジア通貨危機時(98年第4四半期:同-11.2%)を上回る最大のマイナスとなった。背景には、3月18日~5月3日まで実施された厳格な活動制限令がある。一方、現在はほぼ全ての経済活動が再開されていることに加え、8月以降も新規感染者数は30名以下で推移するなど感染の再拡大には至っていないことから、経済は第2四半期を底に今後緩やかな回復が見込まれる。中銀は8月14日、20年の成長率を-3.5~-5.5%、21年を+5.5~+8.0%と予測した。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,200円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る