20-06-26
パキスタン:トピックス
パキスタン経済の見通し ~新型コロナ危機により大幅下方修正だが、経常収支は改善~

JCIFはパキスタンの21年度(パキスタンの年度は前年7月~当年6月)の実質GDP成長率見通しを前年比+2.1%から同+0.2%に下方修正する。新型コロナ危機による経済活動の落ち込みおけるロックダウンが影響したもので、20年度も前回予測(19/12月)の同+1.8%に対し、同-0.4%となる見通しである。一方、国際収支の状況は20年度以降、改善が見られており、21年度も経常収支の赤字が縮小が見込まれる。IMFなどの国際機関からの緊急追加支援が必要な状況は、当面は回避されると考えられる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る