20-06-15
ウクライナ:トピックス
新型コロナの影響 ~IMF支援と引き換えに、与党が内部分裂

新型コロナ危機の影響により20年の実質GDP成長率は大幅なマイナス(IMFの予測では-7.7%)が見込まれる。税収の落ち込みによる財政赤字の拡大は必至となったため、政府は19年12月に基本合意に達していたIMFとの交渉を最終合意に向けて加速させた。
IMFは、農地売買自由化と、債務超過に陥り国有化された民間銀行の旧所有者が補償を受けることを阻止するための銀行法改正、を最終合意の条件としていたが、銀行法改正はゼレンスキ―大統領の最大の支持者・盟友であるコロモイスキー氏の利益に大きく反するものであり、議会での同法採決の際には、与党から約30名のコロモイスキー派が離反した。
IMF支援と引き換えに、ゼレンスキ―大統領はコロモイスキー氏との友好関係を失い、分裂状態に陥った与党も事実上過半数を失った。今後、ゼレンスキー政権による政権運営が難航することは必至である。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,200円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る