20-01-08
米国:トピックス(ワシントン事務所作成)
米国住宅価格の動向と格差への不満

米国の住宅価格は地域間の乖離が大きく、例えばIT企業が多く集まるカリフォルニア州のサンノゼと中西部に位置するオハイオ州ヤングズタウンでは既存住宅の価格中央値に14倍以上の差がある。また、住宅価格上昇による資産効果にも格差がある。このような住宅価格とその上昇率の地域格差は、社会的不満の温床になるとともに、経済的な損失を招く要因となっている。本稿では、広がり続ける住宅価格の地域間格差を確認し、その原因や長期的な影響を紹介する。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る