20-05-27
米国:トピックス
コロナ感染で台頭するトランザクション・レンディング

コロナ感染症騒ぎの中、米国連邦政府は新型コロナ感染症の被害にあった個人事業主を含む中小企業に3,500億ドルの融資枠を設定した。そしてフィンテック企業のペイパルとスクエアなどに融資の運営を委託している。またスクエアは同じ月の2020年3月、ユタ州から銀行免許を獲得し、FDICからの預金保護保証を得て、2021年に融資などのサービス限定銀行を開始する。米国で本格的なフィンテック企業に銀行免許が与えられたのは初めての事である。米国でも担保ではなく、データ分析に基づく融資が開花するだろう。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る