20-06-24
米国:トピックス
SRI、SDGsにより人種差別撤廃運動は新たな局面へ

2020年6月18日、投資コミュニティを運営するレーシャル・ジャスティス・インベスティングは、「系統的人種差別解体を目指し団結して行動する」との声明に上智大学など128の機関投資家が賛同したと発表した。20年5月25日にジョージ・フロイド氏が警察官の不適切な拘束方法によって死亡させられた事件以来の約1か月間に、投資・運用機関によるSRIや、雇用・教育といったSDGsでの多くの対応が見られた。1964年の公民権法制定以来の大きな動きとなる可能性があると考えられる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,600円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る