20-03-16
アジア・中東の政治・経済・金融レポート
(台湾、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス、インド、イスラエル)

台湾:20年2月の輸出額(前年同月比)は+24.9%と大幅に増加
タイ:新型コロナ、原油価格下落の影響でSET指数暴落
フィリピン:マニラ首都圏が封鎖
フィリピン:景気刺激策が上院に提出される
ベトナム:3週間ぶりに新型コロナ感染者確認、国民に医療申告を義務付ける等、緊張が高まる
ベトナム:2020年2月の貿易収支(通関速報)は23億ドルの黒字、サムスンの新スマホ生産が寄与
マレーシア:新内閣発足:UMNOから最多の9名が入閣も、人選に対し不満が噴出
マレーシア:新型コロナ:宗教行事の集団感染発生により国内感染者が400人超え
ミャンマー:中銀、7年ぶりの利下げを実施
ラオス:東南アジアのバッテリーを目指すラオス
インド:大手民間銀行イエス銀行が中銀管理下入り
イスラエル:消費が牽引し、10-12月期は基調済前期比年率で4.2%成長

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る