20-10-13
アジア・中東の政治・経済・金融レポート
(台湾、インドネシア、タイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、インド、トルコ、クウェート)

台湾:20年9月のPMIは57.7ptと18年3月以来の高水準に/20年9月の輸出額(前年同月比)は+9.4%と好調を維持
インドネシア:雇用創出オムニバス法案が可決
タイ:2020年9月のCPI上昇率は-0.70%/アーコム前運輸相が財務相に就任
ベトナム:21~25年は年平均+6.5~7%の経済成長を目指す/米がベトナムの為替操作調査へ、制裁関税も視野に
マレーシア:20年8月通関速報:輸出は前年同月比-2.9%/新型コロナの新規感染者数が増加
ミャンマー:インド外交団がミャンマーを訪問、シットウェ港が21年初旬に開港
インド:9月製造業PMI、2か月続けて50台越えの改善
トルコ:9月のCPI上昇率は3か月連続で前年同月比+11.8%と高止まり/21~23年の「新経済計画」が公表される~23年までの経済回復が政府の至上命題だが、実現は容易ではない~
クウェート:ナッワーフ首長が、ミシュアル氏を新皇太子に指名~新皇太子も80歳と高齢のため、後継者問題は残る~

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る