20-04-09
EU:トピックス(ブラッセル事務所作成)
ブルガリアとクロアチアによるユーロ圏加盟の見通し ~コロナ危機やBrexitを経てEU統合深化の政治的気運はやがて回復~

EUが久しぶりにユーロ圏の拡大を実現させようとしている。ブルガリアとクロアチアは、ファンダメンタルズにかかる収斂基準を概ね達成しているほか、銀行監督の強化やマネロン対策の向上といった固有要件の対応も進めているため、ユーロ圏加盟の条件を満たしつつある。コロナ危機により急速に不確実性が高まっているとはいえ、EU全体として打撃を緩和するべく、中期的には域内統合深化に向けた政治的モメンタムは高まるであろう。Brexitに伴う政治的・心理的な悪影響に歯止めをかける上でも、両国をEUの中核的グループに加える意義は大きい。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る