20-04-21
EU:トピックス(ブラッセル事務所作成)
EUの財政規律に関する見直し議論の焦点と展望 ~コロナ危機やグリーンディールの狭間でSGPが形骸化するリスクも~

欧州委員会はEUの財政ルールである安定成長協定の見直しに関する市中協議文書を2月に公表した。透明性や予見可能性の低さといった批判を踏まえ、ルールの簡素化やアカウンタビリティの向上を図るほか、グリーンディールやデジタル化戦略を支援することなどが論点となっている。目下、EUはコロナ危機により大きな打撃を受けている。既にSGPの免除規定が適用されているものの、恒常的な規律緩和を求める声も聞かれる。非常時には柔軟な運用が正当化される。しかし、SGPがEU経済の安定化に果たしてきた役割を踏まえ、抜本的な見直しは慎重に検討されるべきである。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る